技術力で難題に挑戦する

Hiroi Isamu

廣井 勇

開発本部 システム開発グループ
2010年度新卒入社

新潟県小千谷市出身。長岡工業高等専門学校時代は、画像処理の研究をしていた。システムスクエアは機械、電気、ソフトと幅広い業務があるメーカーという点に惹かれ、入社。現在は、X線検査機などに搭載される、ソフトウェアの開発を担当。システムスクエア独自の画像処理技術を搭載した主に「SLS」「SXS」の開発に携わった。

リーマンショックの翌年、数少ない県内の求人にシステムスクエアの名前があった

私が入社したのは2010年。リーマンショック後のいわゆる就職氷河期でした。そんな中でもシステムスクエアは新卒採用をしていて、不況に強い企業・市場だなと思いました。それから、県内就職を希望していたので、開発業務を本社で行っているシステムスクエアは私の希望に合っていました。また、当時は画像処理に関する論文を書いていたものの、自分のやりたいことが漠然としていたので「画像処理専門の仕事」しかない会社へ入社するのは不安がありました。システムスクエアはメーカーのため、機械と電気、ソフトとすべての業務が揃っていて、入社後も選択肢がある点が魅力的でした。現在担当している、ソフトウェア開発は、広い視野で問題解決に取り組む仕事です。ソフトウェアのみならず、装置全体のシステムを考える役目を担っています。絶対的な正解がない問題にも挑まなければいけません。難しいぶん、やりがいも大きい。お客様それぞれの現場で、装置をよりよく活用してもらうことに注力しています。

お客様それぞれに合った装置を開発する

お客様に合わせて検査機をカスタマイズするために、実際に使われている現場に行くことがよくあります。X線検査機などで、お客様が見つけたい異物がうまく検出できるように調整したり、新しく検出できるようにしたいものがあれば、技術的に対応できるかどうか判断したりします。実際にお使いいただく現場の方との会話の中から、新しい課題や解決策が出てくることもあるんです。新しい検査技術はお客様の声から繋がることが多くあります。開発した検査技術の中には特許を取るようなものもあります。システムスクエアは自社の技術をしっかりと守り、育てていくために特許取得にもしっかりと力を入れています。特許取得者の中に名前があるのは、開発者にとっては嬉しいことですね。
あと、余談ですがこの仕事のおかげで、様々な食品工場の生産ラインを見ることが出来るのは面白いです。普段は見る機会がないですからね。

お客様それぞれに合った装置を開発する

自由度の高い環境で開発に専念しています

システム開発グループは、おおらかな人が多いですね。個々人が黙々と作業する感じではなくて、コミュニケーションも多くとります。携わる技術の範囲も広めで、ある程度個人の裁量で決め、責任を持って進行できるのはとてもやりがいがあります。システム開発グループには7名が所属しています。新しい仲間は大歓迎ですね。入社する前からソフトに詳しい必要はないんです。私自身、装置を動かすようなプログラムは入社してから初めて組みました。仕事しながら勉強していける環境があるので大丈夫です。必要なのは向上心です。

自由度の高い環境で開発に専念しています

昨日できなかったことを明日は実現できるように

「お客様の要望、検査機が使われる現場に対して、よりよい適切な技術で応える」ということを開発はやり続けなければなりません。少し性能を上げるだけでも実は難しいことなんですけどね。もっと上へ、もっと先へ。終わりはありません。例えば、今のX線の検査機では、検出することが難しい混入物もあるんですよ。これをできるようにしたいと思ったときに、X線やセンサーなど今ある技術の性能を良くすれば検出できるのか、あるいはまったく新しい装置や技術を用いる必要があるのか、そういうことを考え始めるわけです。やり続けなければ、お客様に応えることはできないし、今は検出が難しい物を検査したいという要望は常にあるんです。新しい検出技術や画像処理を装置に組み込む開発速度をスピードアップしていくこと。これが私の仕事であり、この先も掲げる目標です。

昨日できなかったことを明日は実現できるように

長岡の好きなところ

お酒が好きなので、県内のいろんな日本酒が売っているとこが好きです。
長岡でしか飲めないような地酒も多く、どれも美味しいです。
写真は最近いただいた日本酒の「久保田」とうちの猫です。
ENTRY

エントリー

エントリーは下記リンク先よりお申し込みください。
みなさまのエントリーをお待ちしております。